ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【社内政治嫌い・・・】仕事そっちのけで派閥作りばっかりやる人の正体

どうもこんにちは、ぐりです。

もう世間では学生は新学期、社会人の方は期首になりますね。皆さんテンション上げて過ごしてますか?

元号も令和に決定した事だし、テンション上げてきましょう!

きっと来年元旦の新年祝賀で、各界のお偉いさんが敢えて一切挨拶なしで天皇を迎えたりして、天皇がちょっと切れ気味に「礼は?」なんて小ネタを・・・

イエーーーーーーーーーーイ!!(もう古い)

さあっ!そういう事で寒さは勢いで乗り越えましょう、4月なのにまだ寒いですからね(汗)

今日はある程度年齢を重ねて、上級職になった人達向けのお話をしていきたいと思います 。某会社のある出来事です。ち、ちなみに私が所属している会社とは全く関係ないですからね!あれですあれ、「友達から相談受けたんですけど・・・」ってやつです(白目)。

 

今回の参考文献はこちら

    ↓

 

①ゆ、友人のお悩み相談

仮の友人曰く、その会社は「なんでこんな会社になっちゃったかねえ」って状況なんですよね。経営を大きく関わる職位の人達が各エリアで必要な営業利益の分配を決めるのですが、まあ~醜いったらないんです。

本当に最適解を導くための建設的な話し合いで、「多く利益を背負った店舗がそれに伴う救済措置を設けよう」みたいな話ならいいんですけど、そういうの一切なしの爆弾の投げ合いみたいになってます・・・

 

ドラえもんで例えて言うなら、

→先生が宿題の課題を発表

→「のび太おまえが全部やれよ」byジャイアンスネ夫

→先生が見かねて「皆でやらなきゃダメだろ」

スネ夫「ぼくのパパの知り合いがこの学校のオーナーだから、言いつけてやる」

→先生、謎の圧力に負ける

のび太は全ての負債を背負い闇に落ちていく。

ちなみに声の出演は

学校のオーナー→社長

先生→部長(会社のNO2)

スネ夫ジャイアン→統括店長(スネ夫は社長のほぼ親族)

のび太→毎年変わります。(供物となるものの、当然結果は出せず降格+減給)

 

そしてのび太ドラえもんはいません。スネ夫に群がるハエが現在凄い勢いで増えている状況です。部長も問題はあるのでしょうが、少なくとも部下の批判を甘んじて受けるし、何より真正面に立って戦ってる方ですから。一対一のディベートなら絶っっ対負けない方なのでジャイアンスネ夫&それに群がるハエどもを直接叩き潰してます。

なので私は友人は部長の事大好きなんですけどね。恐らくスネ夫軍団の裏工作で、その内背中を刺されてしまいそうな勢いです。やっぱりオーナーの肝いりが組織の中核にいるとダメですね。腐敗の一途ですよ。

そういう事情なので友人の会社は最早仕事ではなく、社内政治に無我夢中になっている・・・らしいですよ!

f:id:greengym:20190403155202j:plain

 

何でこういう、くっそしょうもない責任のなすり合いというか、前進性のない社内闘争って起きるんですかね。

という事で、今日は「社内政治(学生の方はスクールカースト的な事にも当てはまると思います)が何故起きるか」について考えて行きたいと思います。派閥みたいなものを好んで作る人、誰々の仲が悪いだのなんだのやたら首を突っ込んで来る人の心理状態や、本当の姿をご紹介しますね。 

あっ、ちなみに「社内政治や派閥の上手な渡り歩き方」を知りたい方は、この記事は回れ右して下さい。何故なら私がそういうのが全く下手くそだし、前の仕事を転職したのも、これから独立していこうと思っているのも、全てそういうのから解放されたいと思っての行動だからです。

そしてそのスタンスで生きてきて、後悔したことや給料面や生活で不憫を感じたことが一瞬たりともないんですよ。前進性のない駆け引きに腐心するより「もっと大切な事があるでしょ」ってスタンスの話になっております。

 

②派閥大好き人間の正体

では何故本来の仕事とは関係のない派閥作りに、人は腐心してしまうのかを考えて行きましょう。色々な切り口はあると思いますが、私は人の心理の根っこの部分から調べてみました。キーワードとなるのは、この4つですね。

 ・承認欲求

 ・妬み感情

 ・不安感情

 ・敵対感情による結束

これがどういう事かめっちゃシンプルに言いますよ。仕事そっちのけで無理矢理派閥や敵を作って、人の悪口で自分の居場所を作る人の深層心理はこれです。

「人に認めて欲しくてしょうが無いから、ちょっとでも良い思いしている人が許せない。でもなんの挑戦もできないチキン野郎だから、人の悪口で周囲を操作し、偽りの結束を作る人」

これにつきます。正直これで今日の記事は終えても良いくらい、シンプルに要点を書けたなと自画自賛したい所なのですが、折角調べたのでもうちょっとだけ説明させて下さい。

 

話が180度変わってしまうのですが、「いじめ」って今も昔も無くならないですよね。どんなにいじめは悪だ卑怯だって言っても、何十年何百年、いやたぶん人に自我が生まれた時からあるのだと思います。これって人が生存確率を高めるために身につけた「機能」なんじゃないかって言われてるそうです。その集団にそぐわない思想や行動を取る人に制裁を加える事でドーパミンが大量発生するそうですよ。

皆さんも覚えがないですか?自分の正義を貫くために誰かと戦っている時、妙に気分がハイになってるような事・・・

あれってきっとネットで「不倫は許さん!!」なんて匿名で息巻いてるイタい人達と実は同じなんですよ。いや、自分も叩かれる立場や場所にいて様々な矛盾と戦ってる人は別ですけどね。 

悲しい話ですけど、敵を作って排除したり、集団に共感できない人に制裁行動を行う事は甘いものを食べたり、煙草吸ったりお酒飲んだりするのと同じ「快感行動」なのです。 

そうなると当然「俺を認めて認めて」っていう構ってちゃんや、「あいつばっかりずるい!ウキーッ!!」なんてメンヘラ野郎の上に、全然実力が伴わないから毎日不安でいっぱいのチキン野郎が取る行動は・・・もう分かりますね。自分と似たような『かまってちゃん・メンヘラ・チキン野郎』の3連コンボを兼ね備えた奴らを集めて、仮想敵をでっち上げて偽りの結束を固める訳です。つまり社内政治が大好きな人達は、

『かまってちゃん・メンヘラ・チキン野郎』

という事になります(笑)これ何か叩かれそうだな・・・

 

③意味のある派閥と意味の無い派閥 

「ちょっと待った!AppleやFace bookのような大企業だって社内政治はあるでしょ!自分がそういうのできないからってディスるのやめたら?」

って意見もきっとあると思います。でも考えてみて下さい。彼等は承認欲求も当然強烈に持ってるでしょうが、それを実現するだけの人の成功を喜ぶ寛容さと、新しい事に果敢に挑戦するスピリッツがあるから、あんな企業になったのです。

そもそも論で、ちゃんとしたリーダーが社内政治をしようが裏で手を回そうが、それで困る人なんて出ないんですよ。そのやり方についていけば自分の給料や活躍の幅が広がるんだからね。

という事なので、派閥や社内闘争でゲンナリしている人がいたら、上記の3連コンボを全部持ってる駄目人間が上にいるからそういう事になってると思って間違いないと思います。

そこに混ざって政治活動をする事で、会社が大きくなって喜ぶ人が増えるのであれば、それはどんどんやるべきです。でも誰も喜ばず、ご自身もただ疲弊するだけなのであれば・・・そんな奴らとは直ちにエンガチョ(古っ)する事をおすすめします。

 

④最後に

いかがでしたでしょうか、私の友人(笑)の会社の困った人達の正体を分析してみました。次回はこの続きです。

関わるなとはいえ、「全く関わらない訳にはいかないでしょ」というのが本音ですよね。ですので、程よい距離感を取りつつそういう忌々しい事に巻き込まれない処世術をお伝えしますね。・・・実はこれ超苦手なんですが、頑張って得意な人の話や文献からまとめます。

ではまたお会いしましょう。最後まで読んで頂きありがとうございます。

m(_ _)m