ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【ストレス解消】怒りを有効活用させるには

どうも皆さんこんにちは、ぐりです。

いや~やっぱり会社っていうのはストレスの生産工場ですね。久々に怒りが沸点寸前まで達してしまう出来事がありました。

非常に悲しいのですが部内の部下が一人退職する事になり、それを社長報告した時に「おまえのせいでこうなったんだ!何としても辞めさせるな」とすっげーキレられたんですよ。

まあ~私の脳内のワイングラスとワイングラスが「カッチーン」と鳴ったというか最早「ガッシャーン」ですよね。ダメなんですけど会社のトップに食ってかかってしまいました。もう覚悟はできてましたけど、どう考えても私この会社に 長く務めるのは無理ですね・・・

本部のほぼ全員本当の原因は知っていたので、色々フォローはしてもらったのですが、怒りのコントロールってどうすればいいのでしょうね。私も上手く出来たことと出来なかった事があるので、反省を踏まえて怒りのコントロール方法をお伝えしたいと思います。

 

f:id:greengym:20190412080318j:plain

今回の参考文献

最高の体調

最高の体調

 

①怒りはテストステロンに

皆さんも経験あると思いますが、他人に凄く理不尽な事をされた時にそこはかとないエネルギーがわいてきますよね。

あれって実は脳内で凄まじいアドレナリンが分泌されて毎日悩まされている不安や恐怖の感情が、一時的に激減するんですよ。この怒りのエネルギーを、行動力の源であるテストステロンに変えるか、ストレスの源であるコレチゾールに変えるかを決めるのは、他人の干渉ではなく自分自身の思考なんです。

ちなみにテストステロンはチャレンジしたり、集団の中で自分を表現したり、意思を主張する上で必要な「行動力の源になるホルモン」、コレチゾールは記憶力、判断力を奪い、死期まで早める「キラーストレス」と呼ばれています。

では皆さん、ちょっと考えてみて下さい。

コレチゾールを分泌させれば

「俺は何をやっても駄目な人間だ・・・」

「この上司マジで無能なくせにムカつくわ~、全部こいつのせいだ。俺は悪くない!」

「この世で俺が役に立てる事なんて何もないんだろうな・・・」

と、ネガティブ思考や、他責の念ばかりが自動思考で頭をよぎります。

 

でも、テストステロンを分泌させれば

「やべえ、俺に出来ない事ってこの世にあるの?」

「やるだけやってみるかな。まあいざとなったらこの上司、チョークスリーパーで首を3回転くらいさせるか」

「さてと、そろそろ世界奪るか・・・」

という根拠ゼロの全能感に満たされる自分、どっちがいいと思います。

えっ?どっちも嫌だって(笑)まあそんな的確な意見は一旦置いておき、アドレナリンは運動能力や脳の集中力を上げる上に、脂肪燃焼や代謝によるダイエットにも効果を発揮します。これを行動力アップに使うのか、他人への僻みや復讐に使うのとでは、後々の皆さんの人生に天と地との差がでますよね。是非皆さんは自分の為にも前向きになる行動に使って下さいね。

 

②怒りを行動力に(職場編)

さて、怒りによって凄い行動力が発揮できる事は分かったと。でも具体的にどういう事に使えばいいの?とは思いますよねやっぱり。これからその部分を職場編とプライベート編でお伝えいたします。

まず職場で理不尽な思いをして、やりきれない怒りを感じたときですが、解決や糸口が見えなかった課題に取り組んでしまいましょう。それも考えて取り組むものより、行動力がものをいう課題ほど良いです。

ちなみに私は上述の嫌な出来事があった時に、中々進まなかった評価制度の仮承認を、勢いに任せて一気に進めてしまいました。件の流れを全部見ていた方達であれば「今、何か言うと面倒くさいな」って思ってくれるので、余計進めやすかったですよ、ぐへへ(ゲス顔)。

ただし怒りによる行動力では重要な判断をしたり、繊細な共感力を求められる行動は非常に不向きです。

女性社員から悩み相談を受けたときに、怒りにまかせて「ああ、分かる分かる、大変だよね(キレ気味)」とか、「500万かかる案件だけど、冷静に考えたらA社がいいなあ(全然冷静そうじゃない)」ってこんな上司がいたらどうです?想像に難くないと思いますので、これらの行動はNGと覚えておきましょう。 

 

③怒りを行動力に(プライベート編)

まあ、職場で瞬間的に沸点に達する嫌な出来事だったら上述の対策でいいと思うんですが、問題は後から効いてくるボディブローのような嫌がらせを受けたときですよね。

「あからさまに自分だけ無視されてる」とか、「あーあ、〇〇君のせいで、全部やり直しだけどみんな頑張ろうね」とか、すっごい感じ悪く部内のモティベーションをかけてくる上司とか・・・。その場ではなんか愛想笑いしてるしかないんだけど、家に帰ってから「何だよあいつの態度!?ムカつく、ウキーッ!!」ってなる時ってありますよね。

こんなやり場のない怒りをどうすればいいかをご説明します。

 

これはですね、筋トレでもいいですし、何か取り憑かれたようにものを書くとか、指と指の間をボールペンで超速カカカっ(名前わからん)とか、正直何でも良いです。条件はただ一つ。

「能力の限界を試されるようなギリギリの活動をする」

これだけです。何かに完全に没頭する状態を「フロー状態」というのですが、人はこの状態の時に高い幸福感を得られるそうですよ。気の合う友人と3時間も4時間も将来の事について語り合う、好きな推理小説を寝食を忘れて一気読みする等々ですね。

怒りの感情とフロー状態は実は大変相性が良いのです。「いつか見てろよ」「絶対見返してやる」って気持ちで、鬼神のごとく何かに集中した経験皆さんにもあるでしょ。正にあれです。

個人的には筋トレをおすすめします。怒りを全てスクワットに変換して、狂ったように屈伸運動を繰り返す。怒りも悲しみも不安もちょっぴり涙も、全部汗と一緒に流し出すようなイメージでひたすらスクワットした後に、水をガブガブ飲む。不思議と体内の細胞が全部入れ替わったような新鮮な気持ちになりますよ。酒に溺れたりギャンブルで一時的に嫌な事を忘れるより、100倍建設的でしょ。

本当にどんな事でも良いので、あなたが好きな事だけどやるには膨大なエネルギーが必要なことを、クタクタになるまでやって下さい。

建設的に怒りや不安を消化して翌日、「おはようございます!」と元気に出社するあなたと、相も変わらず人の陰口やあなたのディスりでマウントを取ろうとするアホ上司。周りの人がどちらに心を開くかはもう分かりますよね。結果としては嫌がらせしてきた奴らにリベンジもできてるんだから、正に一石三鳥か四鳥くらいですね!

 

④最後に

いかがでしたでしょうか、怒りのコントロール方法。今回は私も少し嫌な事があったわけですが、家に帰ってメール開いたらグーグルアドセンスの審査が合格してました。申請してから2週間くらいでの合格だったので、きっと幸運な部類に入るのでしょう。やっぱり嬉しかったですね。申請にあたっては様々なブログから情報を収集させてもらいました。コメントではお礼をさせてもらいましたが、改めて読ませてもらった方々ありがとうございました。

「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」ってことわざがありますけど、身をもって体験させてもらった一日でした。あっでもブログのネタができたんだから、2勝1敗で浮かぶ瀬の勝ちですね。

という事で今日はここまでです。今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

m(_ _)m