ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【平成振り返り特集】平成→令和をたくましく生きていく方法

今週のお題「平成を振り返る」

どうもこんにちは、ぐりです。今回は「今週のお題」に挑戦したいと思います。

平成を振り返るという事なのですが、31年も続けば殆どの人にとって人生のど真ん中に鎮座する時代だと思うので、別に「半生を振り返る」でもいいですねこれ。

・・・なんて生意気な事を言ってすみません、自分「はてなブログ」命なんで一生ついて行くっす!ぐへへ(ゲス顔)

f:id:greengym:20190421141951j:plain

はいっ、という事でですね今回のお題に沿って平成という時代を振り返ってみると、色々ありましたね。数え切れないくらいのニュースがあり、皆様それぞれの青春があったのではないでしょうか。

あっ私は青春らしいのは殆どないですよ。強いて言えば友人の結婚式で余興を頼まれた際に、『「ファラリスの雄牛」ごっこやって~』って新婦に頼まれたくらいですね。マジでふざけんな!ごっこじゃ済まねーよ!!・・・と家に帰ってファラリスの雄牛を調べて憤慨してたのが、良い思い出ですね(  ̄- ̄)トオイメ

 

今回の参考文献はこちら 

最高の体調

最高の体調

 

①「平成」ってこんな時代

まあ思い出と言っても色々多すぎるので、私は「平成に入って一番大きく変わった事」から切り込んでみたいと思います。たぶんこれじゃないですか

インターネット

これの台頭で世界中の距離というかスピードというか働き方というか、ぶっちゃけ全部変わりましたよね。これが平成の象徴のように思います。

私普段は仕事における人間関係の作り方や、メンタルのコントロール方法等を調べて書いておりますので、今回はインターネットの普及による働き方やコミュニティーの変遷などを書かせて頂きたいと思います。

 

平成初めの頃はですね、「トレンディードラマ」とかいう突っ込み所満載のどドラマが一世を風靡していたんですよ。「お前いくらもらってんねん!」ってくらいの高そうなデザイナーズマンションに入社2~3年目のイケメン平社員が暮らし、「お前らいつ仕事すんねん!!」ってくらい、いついかなる時も恋愛脳なアホども超肉食系男女の物語がメチャメチャ流行ってました。

でも今はどうですか?そんなにドラマとか見ないんですけど、「逃げ恥」とか「東京独身男子」とか、いわゆる草食系の男どものゆる~い恋愛ドラマが流行ってますね。

これは突き詰めれば、人間が「個」で生きても種として存続できる方法が完成しつつある事を、知ってか知らずか流行という形で発信してるんですよ。生涯未婚率が爆上がりしてるのも、彼氏彼女がいる若者が激減してるのも、人間が個体で生きていくためのインフラが整いつつあるからですね。あっちなみに私もいい歳してますが独身です😅。

 

そしてこの流れを作った最たる存在がインターネットですね。

最早買えない物がないってくらい充実してる通販商品。本も漫画もアプリで買える。コンビニまでがデリバリーサービスを始め、究極系は在宅ビジネスが普通に成立しているんですから・・・。完全に集団から個への流れができちゃった平成恐るべしですね。

デジタル化による「無縁社会」を懸念する声も多いですが、生物学的には正しいそうですよ。無縁社会化は当然の事で、そのように生きたい欲求の方が人間は断然強いのですからね。

ある意味着実に進歩しているのですが、環境が急速に変わったところで遺伝子レベルでは人はそんなに早く対応はできません。せいぜい親から子への遺伝進化率で1%だそうです。そこから逆算すると、江戸時代前後で培った集落生活で生きていくための知恵が、今の日本人に最も色濃く反映されているらしいですよ。

だから「一人で何でもできる!」って昼間喜んでたのに、夜になったら「寂しくて死んじゃう! 」なんてぬかして出会い系アプリに走るメンヘラちゃんがいるんですな(笑)

今までの考察をなるべくシンプルにまとめて、平成を一言で表すならば・・・

「急速な環境変化に遺伝の進化が追いつかないアンバランスな時代」

 とでも言わせて頂きます。えっ?一言じゃない?|(゚∀゚)| キコエマセーン

まあそれはさておき、ここからはこんな面倒くさい時代を、どんな心持ちでたくましく生きるべきかご紹介します。

 

 

 

②平成→令和を生き抜く気持ち良い生き方

さてそれでは上述した事をまとめると、

  • インターネットの普及による、人類の集団から個人化への猛烈な加速
  • でも頭の中は江戸時代の村社会遺伝子が残っている※無視されたら死んじゃう(笑)

という事です。一人でいる時間が昭和の頃より遙かに長いのに、集団から阻害される事への恐怖や不安の脳細胞は昭和と全く変わっていないのだから、そりゃ不安神経症うつ病になる方も増えてきますよね。

だから今も昔も良い仲間を作る事が心身への最強の特効薬である事は変わらないのです。良い友達を3人作れば幸福度が96%上昇し、給料への満足度が200%上昇するという調査結果も出てるくらいですからね。

その辺りの重要性や、職場で良い関係を築いていく方法をこちらにまとめてますので、良かったら読んでみて下さいね。

www.green-gym.net

www.green-gym.net

この良好な人間関係を作る事に加えてもう一つ書き加えるならば、「人生をゲーム化」する事です。遙か昔の狩猟社会では「重労働や」「苦役」という概念は存在しなかったそうです。野生の動植物を狩り、それ相応の調理法を工夫し、移住先の材木で家を建てる・・・、これらは歌や踊りに近い「娯楽」として捉えられており、彼等は命をかけて遊びまくっていたことになります。何かかっこいいですよね。決して毎日楽しかった訳では無いはずですが、遊び心が部族の平等を維持し平和を維持する最良の手段として捉えられていたので「生きる=遊ぶ」だったのですね。

 

インターネットの普及により、完全な情報過多の平成の世をたくましく生きるには、嘘か本当か判別のしようもない情報に心を痛めてるより、私たちも先人にならって、何でもかんでも「遊び」にしてしまいましょう!人生なんて所詮すごろくみたいなもんですから(適当)

・・・みたいな事も以前書きましたのでこちらも良かったら読んでみて下さい。ちょっと宣伝が露骨すぎますかね

www.green-gym.net

 

③最後に

これからの時代「20年後には約8割の今の仕事が無くなる」とか「シンキュラリティで、人類がAIに支配される」とか、悲観的な未来を予測されてる方も多いと思います。

でもよく考えて下さい。8割仕事がなくなったら暇人ばっかりなんだから、毎日誰かの家を泊まり歩けばいいし、AIに支配されたらビシッとAIに言ってやればいいんですよ。

「お金貸して下さい!!!(完璧な土下座)」

難しく考えたって仕方無いんだから、そのエネルギーは全部「今を楽しむ」事に集中させましょう。結果として毎日不安でオドオドしてるより素敵な未来になってますよ。

 

・・・という訳で「今週のお題」に初挑戦させてもらいました。

殆どの方が初見だと思うのですが、私一応会社で人事の仕事をしているので、何か社会生活でお役に立てる情報を発信できたらいいなと思って、ブログを書いております。今後とも是非お見知りおきを。m(_ _)m