ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【新しい環境に慣れない人必見】職場で良い関係が作れない人の真の特徴とは

皆さんこんにちは、ぐりです。

近況報告(にもなってないかな?)ですが、究極の飲み物に40代半ばにしてついに出会うことができました。

私とにかく水分を多く取る人間で、仕事中はマジで350mlの缶ジュース3本と500mlのペットボトル(お茶)4本は確実に飲みます。おかげで私が事務所にいない時は飲み過ぎてトイレに行ってるかジュース買いに行っているかのどちらかと、部内の人には思われてるとか💦

そんな私も究極の飲み物にやっと辿り着きました。

結局「水」です。水が一番おいしいです。

何というかやさしく身体に浸透するというか、胎内に返った気になるというか(錯乱)・・・。あまりの美味さに家で水をガブ飲みしながら、水を悟ったヘレンケラーのように咆哮してます。いや嘘です黙って飲んでます(笑)

 

f:id:greengym:20190512202224j:plain

さて今回は前回の記事の続きとなります。

「外向型」と「内向型」タイプの人が世の中にはいるのですが、どちらにも長所と短所があるもので、どちらの方が良いと一概に言えるものでもありません。世間ではとかく外向型がもてはやされがる傾向があるので、内向型が人とのコミュニケーションが取れないと思われがちです。

でも職場や学校で良い関係が築けない場合、内向型とか外向型とかは全然関係ない「ある特性」を持っていることが原因なのです。

今回は五月病を含めた新しい環境に馴染めない人全般の、本当の原因を探っていきたいと思います。

ただアレですからね。その特徴があるから「俺はやっぱりダメなんだ」とか思うのは無しですよ。もし思い当たることがあったとしても、それは単なる「くせ」なのだから、くせを直すような軽い気持ちで聞き流して下さいね。自分を責めすぎるのが結局五月病の最大要因ですから。

その対策は次回の記事でみっちりお届けします!

 

今回の参考文献はこちら

マインドセット

マインドセット

  • 作者:キャロル・S・ドゥエック/今西 康子
  • 出版社:草思社
  • 発売日: 2016年01月15日
内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える

  • 作者:スーザン・ケイン/古草 秀子
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2015年12月18日

 

①内向型と外向型の良いところ

さて、まずは皆さんが内向型か内向型かをチェックしてもらいたいのですが、詳しくはこちらからどうぞ。

www.green-gym.net

・・・これではあまりに不親切なので、ちっちゃこい字で質問を載せておきます。〇か×かで答えて下さいね。これ半分の10個〇があったら「バランス型」、〇が多ければ「内向型」、×が多ければ「外向型」という事になります。

 

外向型、内向型チェックリスト

  1. グループより一対一の会話が好き
  2. 自分を表現するなら言葉よりも文章
  3. 一人でいる時間を楽しめる
  4. 地位や名誉というものに周囲の人ほど拘りは無い
  5. 興味ある話はとことん饒舌だが、世間話的な会話は早く終えてほしい
  6. 聞き上手
  7. 大きなリスクは冒さない
  8. 邪魔されずに没頭できる仕事が好き
  9. 誕生日は気の合う少人数で祝いたい
  10. 物静か、落ち着いている、とよく言われる
  11. 仕事は終わるまで他人に見せない
  12. 他人との衝突は嫌い
  13. 一人での作業が最も自分の力を発揮できると思う
  14. 考えてから話す傾向がある
  15. 楽しい体験だったとしても、外出から戻ってきたときにはHPが0
  16. 着信を取るのが億劫で留守電に回すことがある
  17. 忙しすぎる週末を選ぶくらいなら何も無い週末を選ぶ
  18. 複数の仕事を同時並行で行うのが、周囲の人よりも苦手
  19. 集中するのは簡単な事である
  20. セミナーはグループディスカッションより講義形式が良い

さて、結果は出ましたか?前回は内向型をやたら褒めちぎってたので、今回は外向型の良いところを先にご紹介します。

  • 素早い意志決定が出来る
  • 積極的で主導的。社交的
  • リスクを恐れない
  • 熱狂という感情を頻繁に抱く(興奮しやすい)
  • 必然的に人前に出る機会が多く、経験値も増えるので雄弁になる
  • 上述ゆえに、魅力的に見える人が多い

これが外交的な人の特徴です。目標の追求と達成後の報酬に対して強い「熱狂」を抱くのです。だから仕事でも遊びでも熱狂できるので、魅力的に写るのでしょうね。 

一方内向型の人の特徴はこちらです。前回も書きましたが、おさらいの意味でご確認下さい。

  • 持続力や問題を解決するためのねばり強さ
  • 思いがけない危険を避ける明敏さ
  • 財産や社会的地位といった表面的なものに対する執着がない
  • 仕事への最大のモティベーションは、自分自身の持てる力を最大限に活用して更なる高みを目指す事
  • 目先の報酬より長期的展望の利益を優先する

目立たないけど、人が見ていようがいまいがストイックに努力できるんですね。 

外向型の人は周りの士気を上げる「モティベーターやカリスマ」として。内向型の人は誰にも真似できない集中力と継続力で 「信用、信頼を得られる人」を目指すのが良いと思いますよ。

 

 

 

②外向型↔内向型。ジョブチェンジできるの?

ところでこの気質ってもう変わらないのでしょうか?

「私(俺)、夢の中で外向型(内向型)と、入れ替わってるぅー?(うろ覚え)

なんて某映画のような事になるのでしょうか?

結論から言うと、模倣してお互いの長所となるスキルは習得できます。でも本質的な部分は変わりません。某映画のようなロマンスも起こりません(笑)。

このお互いの気質は、脳内にある「扁桃体」と呼ばれる不安感情を司る部分の反応の強さで決まるそうです。強い反応の人は、赤ん坊の頃から僅かな刺激でもびっくりして大泣きするし、弱い反応の人は多少の刺激ならば手足をバタつかせて、むしろ喜ぶらしいですよ。

当然前者が内向型で後者が外向型です。だから内向型の人にとって、100人が集まるパーティー会場は刺激が強すぎるので、それよりも100冊の本を読んでいたいと思うし、外向型の人にとって100冊の読書は刺激が弱すぎるので、100人が集まるパーティーで皆と楽しく過ごすのが丁度良い刺激なのです。

 

ですから、上記のアンケートで著しく内向型の人は無理して外交的になる必要ないんですよ。「人と話すのが億劫だな」「なんであの人はあんなにタフなんだろう」なって思う事もあると思いますが、問題はそこではないのです。次の章で本当に周囲との関係を崩してしまう気質をお伝えします。

※「外向型から内向型に変わりたい」って思う人もいるかもしれませんが、前回お話しした通り、この世界は圧倒的な「外向型バンザイ」の世界です。その為に多少内向型に肩入れしがちな記事になっている事をご了承下さい。

 

f:id:greengym:20190512202517j:plain

③職場で良い関係が作れない人の真の特徴とは

なんかタイトル詐欺みたいで申し訳ないですが、ようやく本題です。

外向型の人も内向型の人も、①でご紹介したそれぞれの長所を伸ばすことを意識した方が絶対いいです。だってお互い脳の構造が違うのですから。

ではここからは、

「後天性のもので変える事はいつでも可能」

「これの違いで人生も大きく変わる」

というものをご紹介します。散々もったいぶりましたが、こちらになります。

  • 硬直マインドセット=人の能力は石版に刻まれたように固定的で変わらないと信じている人
  • 成長マインドセット=人の基本的資質は努力次第で伸ばすことができると信じている人

この2つのマインドセットと呼ばれる心の持ちようで職場環境は勿論、人生までも変わってきます。そして人間関係をまずくしてしまう真の原因が「硬直マインドセット」なのです。

これは外向型・内向型全く関係ありません。内向型でも成長マインドセットを持っている人ならば、人との関わりをチャレンジと受け止め不安を感じはしても、初対面との人との出会いを積極的に試みますし、外向型でも硬直マインドセットの人は、大事なのは他人からの評価のみなので、自分にとって利益になる人としかコミュニケーションを取らなくなります。

 

そして硬直マインドセットの人はこんな特徴があります。

知能も人としての資質も一定で変化しないのならば、とりあえず「俺はまともな人間だ」という事を示したい。だから教室や職場、プライベートでも自分の有能さを示すことばかりに心を奪われている。

「しくじらずにうまくできるか」

「馬鹿と思われていないか」

「負け犬にならないだろうか」

有能でありたい事の裏返しが、「びくびくした卑屈な態度」となるか「異様に虚勢を張る」かの両極端となって表れてしまう。 

一方成長マインドセットの人の特徴はこんな人です。

持って生まれた才能、適正、興味、気質は一人一人異なるが、「努力と習慣の積み重ねで、大概の事はできるでしょ」という楽観性に近い強い信念を持っている。自分が他人からどう評価されるかを気にする事より、自分を向上させる事に関心を向ける。

 

耳の痛い話ですが、もし「自分は内気で緊張しいだから上手く職場に馴染めないんだ」なんて方がいたら、硬直マインドセットの特徴をもう一度読んでみて下さい。

「俺は有能」とまでは言わなくても「俺はまともな人間なんだ」という意識にとらわれていないですか?

もしそうだとしたら、内気が原因なのではなくマインドセットが硬直してるのが原因かもしれないですね。まずは受け止めてみる所から始めてみましょう。

 

f:id:greengym:20190512202818j:plain

④最後に

いかがでしたでしょうか。

もし新しい環境に溶け込めなくて悩んでいる方がいたら、「問題提起だけしてハイ終わり」みたいな形にして本当にすみません。対策まで書いてしまうととんでもない文字数になるので、一旦ここで締めさせて頂きます。

ただ一つだけ言うならばマインドセットはいつでも変えられます。それこそ

「私、夢の中で、入れ替わ以下略)」可能なお手軽な考え方なのです。

次回は硬直マインドセットの解きほぐし方というか、新しい環境に打ち解ける為のノウハウをできるだけ分かりやすく、そしてできるだけ早めに更新するので、もう暫くお待ち下さい。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m