ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【陰口対策】悪口、陰口の最強対策は最強の味方を見つけること

どうも皆さんこんにちは、ぐりです。
今日は約5ヶ月ぶりに神奈川の実家に帰ってきております。特に意味も無く田舎の街へ転職した私ですが、土地的にはえらく気に入ってしまって、かれこれ13年も故郷を離れて暮らしております。私がいい歳した中年なので、当然両親はもっといい歳した中高年です。たまには帰って親孝行しないとね。
とは言っても、ただゴロゴロしてるだけなのですが・・・

でもいいんですよ。顔を見せることが究極の親孝行なのですから※本人がいう事ではありません
良い息子を持って私の両親も幸せ一杯なのです※本人がいう事ではありません
このように誰もが私のように親思いの優しい人間であれば良いんですけどね※本人がいう事ではありません

さてここからが今日の本題です!本当は今日は「ドライブの素晴らしさ」について書こうと思ってたんですよ。それで何の気なしに近況報告を書いていたら、僅か数行で3カ所も「それって他人が決める事じゃね?」って話が出てきたので、先日やった研修の事を思い出し、急遽書くことを変えました(笑)。今日のテーマは

「悪口、陰口の最強対策は最強の味方を見つけること」

に致します。

 

実は一昨日まで新卒のフォローアップ研修を行ってきたのですが、「職場の陰口や悪口が多すぎてもう耐えられないです😱」って人がもの凄く多かったんですよ。その時凄く気になったのが、「それって君が今気にしてもどうしようもない事じゃない?」って事ばかり気にしてるんですよね。

 

上述緑字の私みたいに、歳をとれば何でも自分の都合の良いように考えちゃうもんなんだから(笑)、先輩の悪口なんてほっときゃいいんですよ。もし若手の方や、新しい職場でいわゆる「お局様(男女問わず)」的な輩のロビー活動に苦しめられている人がいたら、どうぞお付き合い下さいませ。

 

f:id:greengym:20190921130245j:plain

 

 

①「他人からのあなたの評価」はあなたが100%受け入れるしかないが、あなたの「他人への評価」も誰にも文句言われる筋合いはない

すっげー長いタイトルで申し訳ないです。まとめる力の無さを痛感してますが、本題に入る前に、陰口対策は過去に幾つか記事にしているので、良かったらご参照下さい。

www.green-gym.net

www.green-gym.net

www.green-gym.net

 ・・・とまあ、結構色々と調べては記事にもしたので、それらをほぼ全て研修では伝えてきてはいるのですが、如何せん現実は厳しいですね。やっぱり「嫌われるのは怖い」という村社会的なバイアスからどうしても抜け出せないのです。

こうなっちゃうと、今の若い子は本当難しいです。何を言っても伝わらないというか、思考停止しちゃうんんですよね。

「そんな奴らほっとけばいいじゃん」

以外の答えなんてないのですが、それでは身も蓋もないので、研修ではこんな感じで伝えました。

「相手が君の事を100%主観で決めつけられるように、君にも相手のことを100%自分の主観で決められる権利があるんだよ。そこであんなクソデブの婆さま(お口が悪くてすみません💦)よりも、何倍も精度の高い的確な評価をしてあげればいいじゃん」

つまり100か0かじゃなくて、

「あの人はこんな凄いところがあるから、ここは尊敬できる。でも気に入らない人に対しても目に余る狭量ぶりは正直真似しちゃだめだなと思ってる」

みたいに、細かく細かく評価して、近しい人にだけでも話してみたら?って話をしました。

嫌な相手でも、しっかり向き合って良いところ悪いところを見てる人と、マウントを取りたいが為に、気に入らない奴の悪口を言いふらしまくってる人。
最終的にどちらが信用を得るのでしょうね。
「陰口怖い」って言って迎合しまくってる人は、厳しい言い方すると、そういう「自分で何とかできる」事への努力を放棄しちゃってる気がします。身近に手本になる人って結構いるので、ここは一踏ん張りして視野を広く持ち対策を練っていきましょう。

 

ほら思い出してほしいんですよ。

 https://dic.nicovideo.jp/oekaki/14138.png

参照URL   https://dic.nicovideo.jp/oekaki/14138.png

「私のおじいさんがくれた初めてのキャンディ。その味は甘くてクリーミィでこんな素晴らしいキャンディをもらえる私はきっと特別な存在なのだと感じました。
今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル
なぜなら彼もまた特別な存在だからです

例のお菓子CMのおじいちゃんですね。彼は
  1. 自分が特別な理由を論理的に分析している。しかも自分でそう思っただけで、人には公言していない(たぶん)
  2. 自分の孫を特別と思うのは、おじいちゃんの勝手だから説明不要
  3. 息子or娘は特別な存在じゃなかったらしい(笑)
実に端的かつ論理的に自分が特別な存在であることをアピールしつつ、孫への評価は「いいから特別なの!」的な傲慢さと無邪気さを併せ持つ、ミステリアスな部分を演出。そして「おまえに食わせるキャンディはねぇ!」と、無言で愚息を断罪する批判を怖れぬ意志の強さ。
我々も彼のようにありたいものですね※せやろか
 

f:id:greengym:20190921130624j:plain

 

②陰口に打ち勝つには最強の味方が必要

とはいえですよ。究極の陰口対策は見出し①上部に書いた

「そんな奴らは放っておく」

これが全てです。今まで色々書きましたが、これさえできればそれらのどんな対策をも上回り、最終的に「この人芯が通ってる」って信頼のお墨付きまでもらえる最強の切り札です。

でもこれができる人って本当に少ない。どうしても同じ土俵で戦ってしまうか、とにかく目立たないように迎合するかになっちゃうんですよね。
私もそれを常に貫くとまではいきませんが、陰口をいうなら絶対拡散しない人に「王様の耳はロバの耳の土管」的な意味で吐き出すくらいです。基本放置プレイですよ。
お陰様でノイジーマイノリティ(声だけ大きい少数者)には批判の的に毎日晒されてますが、本当に大切な人達とは確かな信頼関係が築けてると自負してます。
 
このノイジーマイノリティ共の負け犬の遠吠えを、放置するってどうすればできると思います。それは最強の味方を作る事です。
えっ?そんなのできるかって?そもそもそれって誰なんだよって?
できます。マジで誰でも一瞬でできます。それが誰なのかもう皆さんは分かりますね。では皆で一緒に言ってみましょう。せーの!※ウザい
 

自分が自分の最強の味方であることです。

 

声がでかいだけのノイジーマイノリティっていうのは、その実自分に失望してしまっている超ネガティブ集団なのです。
成長できる自分や、人に優しくなれる自分の可能性を1ミリも信じられないから、他人を引きずり落とす事でしか、自分の存在証明ができないんですよ。
だったらそいつらの真逆を行きましょう。
たとえ奴らに背中を刺されたとしても、倒れた上でM・ジャクソンの「スリラー」を奴らが踊り狂っていたとしても(笑)

「いいように騙されてる俺も誠実で可愛いな♥」

と自分だけは、どこまでも自分を信じて許してあげて下さい。
ちなみに研修で色々な店長とかマネージャーが見てる前でこの話しましたが、メチャメチャウケましたよ。ミーティングの段階で私の部下にもバカウケだったので、これまたいつかネタで使おうと、心に誓いました。こんな俺も強かで格好いいな・・・って話を部下にしたら「そこまできたらちょっとウザいです(笑)」と言われましたけどね。

それでアンニュイになってる自分もなんか良いかな※これはナルシストと言います

 

f:id:greengym:20190921130921j:plain

③最後に

という訳で今回は書いてる途中で、急遽テーマを変えてしまいました(笑)。今日は折角の季節外れのお盆休みを頂いたので、溜まった仕事を進めつつ、地元のパチンコでも行ってこようかな。

24日まで休んだら翌日から、インターンシップの学生を東京見学に連れてくので、その下見が25日26日とあります。それだけはリア充ブログみたいなのができそうなので、下見が終わり次第ご報告致します。

では白鯨が呼んでるので(ネタがニッチ過ぎてすみません)、今回はこの位に致します。最後まで読んで頂きありがとうございます。