ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【多幸感アップ】幸せなんてハードル下げれば無限に転がってる

どうも皆さんこんにちは、ぐりです。
今週は久しぶりに週末二日間丸々オフだったので、 本当に自分のやりたいことをやって、まったりと過ごしました。

私、ブログのアイコンに観葉植物を使ってるのですが、ポトスの茎が伸び放題でえらいことになってたんですよ。昨日やっと念願の鉢植え交換をやりました。


f:id:greengym:20191006121953j:plain

2月頃撮影。この頃はちっちゃくて可愛かったものです

 

そして昨日撮ったものがこちら

f:id:greengym:20191006122249j:plain


あれ?写真にすると巨大化ぶりがあまり伝わらない・・・。そっか鉢を変えてしまったからですね。こんな時「交換前の状態を撮っておけば良かったな~」と、まだまだブロガー魂の足り無さを反省します。植え替え前は長~い茎を放置プレイしてたので、鉢からタコがめっちゃはみ出てる感じだったのです。

f:id:greengym:20191006124054j:plain

ちょうどこんな感じ(笑)

これを何とか支柱にまとめてみたのですが、全くの素人にしては良い感じに支柱に絡められたなと自画自賛してます。


そしてここからが今日の本題になるのですが、
「茎を支柱に絡めるのってどうすんだべか」
と途方に暮れてたんですよ。WEBで調べると専用クリップとか売ってるみたいなんだけど買ってこなかったし、ビニールテープで縛ると結構きつく縛らないと固定できず、「痛い痛い」ってポトスが叫んでる気がしたんですよ。えっ?私の方がイタいって?ふふふっ、ウケますよね😄
・・・って、うるっさいわ(笑)!!

まあそんな事はいいんですよ。で、

「どうしようかなー、とりあえず爪でもきろう」※なんでだよ!
 という結論に至って、爪切りが入ってる引き出しを開けたときに彼がいたんですよ。

 f:id:greengym:20191006131340j:plain

USBケーブルを束ねている彼が!

「あれ?これもしかしてこれで固定できるんじゃない?」

と思ってやってみたら、マリアアアアアアアアジュ!!(相性抜群)
奇跡のような組み合わせの良さでした。締め付け具合も自由自在、固定した場所が気に入らなければ5秒でほどけるし、これって(ビニタイというらしいです)コードじゃなくて植物を束ねる為に作られたんじゃない?・・・と一人感動してました。

ビニタイ君のお陰で、個人的には大満足な鉢の植え替えとなったのですが・・
どうなんでしょう?WEBで調べた限りではビニタイによる植物の支柱への固定は載ってなかったし、ヒモで結ぶよりは絶対簡単だし、調整も自由なんですよ。
「これって初心者向けの方にとっては新発見なのでは?」
と、一人で無駄にテンション上がってるのですが、是非植栽に詳しくしかも優しい読者様がいたら、コメントでもなんでもいいので

「ぐりさんwwwさすがですねwww新ww発見wwwwとか」
って沢山wをつけて頂くか、一切何も語らずに
http/:◯◯△△××.com
とビニタイを植物の支柱固定に使ってる情報サイトを、調子こいてる私に送りつけて下さい。やっぱり注意指摘って大事ですよ(笑)
 
という訳で、一向に本題に入る気配がない今回の記事ですが、そろそろ入りたいと思います。今回は「幸福感のハードル」についてです。私はどちらかというと幸福感のハードルは低い方だと思っております。こんな事でも確実に「今年の楽しかった事BEST10」には入ってますからね。逆に言えば「普段どんだけつまらない生活送ってんだよ」って事も言えるのかもしれませんが、そんな事はないですよ。
「◯◯さんとのマンガの話面白かったな」
「△△にこのギャグ結構ウケたな。他の人にも使ってみよ」
みたいな事なら、ほぼ無限にあります。ですので今回は
  • 幸福感のハードルが低い事は良いことなのか
  • どうすれば日常の幸福に気づけるか
みたいな事を書いていきたいと思います。どちらかというと以前書いた記事のリンク貼りコーナーおさらいになるかもしれませんが、こういう具体的な実例があった時の方が、伝えやすいなと思ったので、お暇な方はリンクも含めてご一読下さい。
 
 

①幸福感のハードルの基準

という事で一つ目の見出しです。ちょっと前説が長すぎましたね。肝心の本題はボリューム少なめかもしれませんが、そこはご愛敬で。

普通は「幸福感のハードルは低い方が幸せ」って思いますよね。実際私がそう思ってますから。ただね、このハードルっていうのは自分が100%決めるものだから、何とも定義のしようが無いのです。

「彼氏に毎日首絞められるのが幸せですぅ、グエッ」

なんて価値観を持った男女もいるじゃないですか。幸福とかではなくそういう嗜好なのかな?(笑)。
ちょっと例えが悪すぎでしたが、人から見てとてつもなく辛そうな事を、本人は心底幸せに感じてたりする事があるのは事実ですよね。これは仕方無いのです。

 

人にはそれぞれの、刺激と幸福感のバランスがあり、より強い刺激に幸福を感じる人が「外向型人間」であり、少ない刺激でも幸せを感じられる人が「内向型人間」なのです。これは生まれついてのものなので、ある程度はどうしようもありません。

良かったらその辺りの記事もご覧下さい。

www.green-gym.net

www.green-gym.net

「じゃあハードルってなんやねん」って話になりますが、それはこういう事です。
  • 幸福の基準(ハードル)が、他人からの評価を拠り所としているのか、自分だけの基準に沿って幸福を追求しているのか
これが幸福感のハードルの正体だと思います。当然前者であれば億万長者だろうと、幸福感は極めて低いでしょうし、後者であれば公園で空き缶拾う毎日でも、お仲間とバカな話してればきっと幸せですよ。
つまり見出しの結論としては、
・「社会通念」みたいな、他人の視線に流された生き方が、ハードルが高い幸福感
・自分の内面に正対して「気持ちの良い」事を追求する生き方が、ハードルの低い幸福感
と、まとめさせて頂きます。
 

f:id:greengym:20191007021521j:plain

②「自分基準」の幸せに気づくには

それでは話を続けていきます。この記事で言うところの「ハードルの低い(自分基準)」の幸福感をより沢山感じ取るには、どうすれば良いのでしょう。

これはいきなり結論を言ってしまいますが、何でもかんでも記録に残す。これに尽きると思います。私達の脳は「DMN(デフォルトモードネットワーク)」と言って、自分でも全く意識していないところでも、ほぼ一日中活動してるのです。

しかもやっかいな事にその内容の殆どが「俺可哀相、俺悪くない」「あいつクズ、アホ、間抜け」と自分を庇って相手をディスるという、割とろくでもない機能です。

これは無意識下で一日中活動してるので、この「無意識の声」を聞く事と「無意識の教育」には、思考の記録化というのは絶対必要なプロセスなのです。

私が現在毎日記録に残してるのは

  1. WEBカレンダーに「今日のプラス行動」
  2. 仕事・休み関係なく、手書きノートに「今日やる事」
  3. 一日の思った事(殆どネガティブ)を思いのままにパソコンに垂れ流す「王様の耳はロバの耳」(笑)
の3つですかね。3番は特に何も無ければ書かない日もあります。というか、この習慣を続けてたら、3番を書く機会は結構減ってきました。毎日思ってることひたすら書いてたら、「毎日自分を正当化ばかりして・・・恥ずかしい奴だな」とDMNが気付いたんですね、きっと。
そしてこれを書いてる内に、
「あー、俺って何か生き物を育てたかったんだ」
「何かちょっとでも改善すると純粋に気持ちいいよな。明日は部屋の引き出しを全部整理するか」
と思っていた自分に気づけたので、観葉植物も買いましたし、引き出しの整理整頓の際に、そこら中に散乱してたビニタイを全部1カ所にまとめて、とっておいたのです。
 
そう考えると、何も記録化していなかったら、植物を育てる事も無かったし、ビニタイは全部秒殺で捨ててただろうから、今回のようなちっちゃい幸せに気づけなかっただろうし、そもそもブログもやってないでしょうね。
つまり「自分基準の幸せに気付く」のもそうですし、「本当の自分の気持ちに気付く」のにも、記録を残すというのは最適なツールなのです。
 
※思考の記録化関連の記事はこちらからどうぞ

www.green-gym.net

www.green-gym.net

※つい先日、テンションの維持についての記事を書いたので、良かったらこちらもどうぞ

www.green-gym.net

 

 

③最後に

 という訳で、そこら中に転がってるささやかな幸せに気付く方法について、書かせて頂きました。
 
余談ですが、鉢の植え替えを行った際に、旧植木鉢から中々ポトスちゃんが抜けなくて、逆さにして底をバンバン叩いてたんですよ。すると中の石とか砂がポトスと一緒に全部飛び出て、部屋中大惨事になっちまいました。
結構必死こいて掃除したんですが、丸一日経った今でも、室内の至る所で砂がチクチクして、部屋中が足つぼマッサージみたいになってます(笑)
まあもしかしたら、足ツボが刺激されてリンパの流れや胃腸系が良くなるかもしれませんからね(適当)
これもささやかな幸せですよ※せやろか
 
という訳で今回はここまでです。最後までお付き合い頂きありがとうございます。
  

f:id:greengym:20191007021028j:plain