ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【自己肯定感が最強のメンタルを育む③】自分の保身パターンを理解する事が自信への第一歩

どうも皆さんこんにちは、ぐりです。
先週の日曜日に学生のインターンシップを開催したのですが、その中になんと東大生が混入してました※言い方!

東大に合格する確率って0.12%らしいですね。これがどれ位の確率かというと

  • 他人に殺される確率0.03%
  • 初恋の人と結婚する確率1%
  • 三毛猫のオスが生まれる確率0.003%
  • 1年間で空き巣に遭う確率0.1%

との事。4回転生する間に1回殺されるのと同じくらいの確率ですね。意外と人に殺される確率って低いですね。ていうかオスの三毛猫少なっ!

そんな超希少価値の東大生がパチンコ店の会社にインターンに来る確率は、おそらく天文学的確率だと思います。多分一生間近で東大生なんてみる事無いから、とくと拝ませて貰おう。

私の歪んだ人生観から育まれた東大生って・・・

「はわわわ~、学生証また落としちゃったー、また東大の学生証落としちゃったわー、本当俺ってドジだな、勉強以外何の取り柄もないからまた東大の学生証落としちゃったわー、ホント俺って圧倒的優位性を持つ学力がある以外何も出来ないから、マジで学力に関して右に出る者がいないってだけで、俺って本当ドジだか(ry」

みたいなイメージなんですが※さすがに歪みすぎだろ (笑)
ふっつーにイケメンでコミュ力も高く、サークルで空手をやっていて、英語が何かすっごいネイティブでした。本当なんでウチのインターン来たんだろ?


羽生結弦とか大谷翔平とかもそうですが、「天は気まぐれに物(ブツ)を与える」のです。神様は
「あ~最近ブツあげてなかったわ~、面倒だから適当に持ってって~」
と、ランダムに十物くらい落としていくので、持ってる人は十物くらい持ってるし、ない人はとことん無物なのです。「天は二物を与えず」はあくまで「平均したら一物くらい」って事なのでしょう。

そんな私を含めた無物の皆さん(失礼な)、今回は自己肯定感を育むシリーズ3回目です。前回に引き続き自己肯定感を阻害する「自己保身」について掘り下げていきましょう。前回は自己保身のパターンとして

  • 他者からの承認を過度に求めるタイプ 
  • 自分にも他者にも完璧を求めるタイプ
  • 他者より常に優位になろうとするタイプ

の3つをご紹介しました。今回はあと3つ自己保身にはタイプがあるので、こちらをご紹介して、自分のタイプを分析して頂ければと思います。

前回も言いましたが、保身は誰でも持ってます。自分でそのタイプを見極めて、思わず保身しそうになった時に「いかんいかん」と、コントロールできるようになる事が、自己肯定感を持つ事に繋がりますからね。

※自己肯定感シリーズはこちらからどうぞ

www.green-gym.net

www.green-gym.net

 

www.green-gym.net

www.green-gym.net

f:id:greengym:20200103004145j:plain



①自己保身のパターン6選(後半)

前回6パターンの内3つを紹介しましたので、今回は残り3つをご紹介します。
因みに前回の自己保身パターンは

  1. 他者からの承認を過度に求めるタイプ
  2. 自分にも他者にも完璧を求めるタイプ
  3. 他者より常に優位になろうとするタイプ

でした。前回の記事では、該当するタイプの処方箋も書いてありますので、よろしかったら読んでみて下さいね。

 

 

①-1.人を過剰に援助するタイプ

個人的にはこのタイプが一歩間違えると、一番ダークサイドに落ちやすいタイプだと思っています。
この方は他者の役に立ちたいという純粋な貢献の気持ちからではなく、「満たされない自分のため」に不安を穴埋めする代替行為として、人を援助します。いつまでも子離れできない親御さんや、ダメ男にいいように貢がされて「私がいないとダメなのこの人」とかイカれた事をいってる女性とかはこのタイプですね(勿論男女逆もありますよ)。特徴としては

  • 恋愛では相手に尽くしすぎる
  • 自分を必要としている人を常に探す
  • 自分が疲弊していても他者を助けるべきと感じる
  • 過保護、過干渉

って所ですかね。どういう訳かこのタイプの人は、全く自覚できないというかそれを認められない人が多いんですよね。だからダークサイド一歩手前のタイプなのです。
このタイプの方への処方箋はこの問いかけが一番です。

「そのボランティア精神、親にも見せてるんだろうな」

断言しますが、このタイプは両親等ノーリスクで愛をもらえる人に対しては、本っ当に冷たいです。もし無自覚で「人に尽くしすぎて損ばかりしてるな」と感じている人がいたら、ご自身の両親を思い出してみて下さい。いつも悲しませてばかりだったら、そのボランティア精神は偽りなのかもしれませんよ・・・

 

f:id:greengym:20191212024356j:plain

①-2.自己非難・自己否定をするタイプ

何かあると自分を責めて、「どうせ俺なんか・・」と、あらゆる事を否定的に捉えてしまうため、常に不安を抱えているタイプです。その背景にあるのは

「人から非難される前に、自分で自分を否定してしまえ」

という、ドMと見せかけてその実他人からの非難は絶対受け入れない、

きさま程度のスカタンにこの露伴がなめられてたまるかァ――――ッ!!」

という岸部露伴ばりの高プライドです(笑)。いや正直あんなに男らしくはありません。どちらかというと自分を非難し不幸を選択することで、他者から同情を買い、無意識に自分を守っているのですね。

このタイプの特徴は

  • 誉められるのが苦手
  • 「どうせ私が悪い」と思う
  • 自分は分かってもらえないと感じ、容易に人に心を開かない
  • なんで自分ばかりと思いがち

などがありますね。このタイプの方はもし「どうせ私が悪いんだ」と感じたときに、

「他者から『どうせお前が悪い』と言われたら受け入れられるのか」

自分に問いかけてみると良いと思います。自分の心だから、自分の身体だから、どう扱っても良いというものではありません。あなたの心や身体はあなたを育ててくれた親や家族、仲間のものでもあるのですよ。
自身の評価も是非民主主義に則って、多くの人の意見を取り入れたいところですね。

 


※「だが断る」岸部露伴以上にこの台詞の方が有名ですね

f:id:greengym:20191212011418j:plain

 出典:https://www.pixiv.net/artworks/7175384

 

 

①-3.自分は関係ないと問題から逃避するタイプ

お恥ずかしながら、全6パターンの自己保身の中で、これが一番私自身に当てはまると思っています。このタイプの人は「自分に関係ない」という態度を取ることで、問題に巻き込まれるのを避け、自己価値が危機にさらされることを回避し、自分を守っているのです・・・言ってて胸が痛い(汗)

このタイプの特徴は

  • 人と深く関わることを避ける
  • 何か問題が起こっても無関心を装う
  • いい人を演じる
  • 困難な状況から逃げ出す

等々があります。このタイプの人はいいんですそのままで!あなたは十分魅力ありますから♥・・・っておい!自分が当てはまるタイプだけ甘すぎねーか!?というツッコミは大正解です。そんな訳ないですよね(笑)


改めてこのタイプの人は

「悪しき問題は虫歯と一緒。放置して良くなることは絶対にない」

と肝に銘じておくのが良いでしょう。自分の事だからよ~く分かるのですが、「一晩寝たら小人が全部問題を解決してくれてるんじゃね?」と、割と本気で舐めた事を考えてます(笑)。まあそんな事は絶っっ対に無いわけです。

個人的には問題が発生したときは質量保存の法則を思い浮かべるようにしてますかね。

「発生した問題を解決するには、それと同等の労力を使ってしか解決できないよ※多分そんな意味ではないです

 と、逃げたい自分に必死に言い聞かせたりしてます。

今回の参考文献はこちら

職場の人間関係は自己肯定感が9割

職場の人間関係は自己肯定感が9割

  • 作者:工藤紀子
  • 出版社:フォレスト出版
  • 発売日: 2019年11月09日

 

 

②最後に

という訳で、やっと自己保身のタイプを全部紹介できました。これ多分あと2回くらいやらないと終わらない気がします。しつこくてすみませんが、もう少しだけ自己肯定感シリーズにお付き合い下さいませ。

 
あと東大生相手にインターンシップをやってきた後日談ですが、「折角なんで写真とってもいいですか?」と言ってくれました。マジで心までイケメンだな。

でも写真?写真って俺も一緒にって事!?いやいやそれは恥ずかしいよ、さすがに恥ずかしいよ、自ら持参したカメラは用意するもののさすがに恥ずかしいよ~(ゴソゴソ・・・)

f:id:greengym:20191212022658j:plain

出典:https://camerafan.jp/cc.php?i=594

出したカメラにさすがの東大生君もドン引きしてました。
「七五三?七五三なの!?でっかい黒い布とかも出しちゃうの??」
・・・って顔をしてましたね(笑)
上記のカメラはさすがに誇張ですが、三脚とコンデジ持ってきてたのはホントです。
 
そんな感じで(どんな感じよ)今回はここまでです。最後まで読んで頂きありがとうございます。