ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【幸せな仕事選び①】お金と仕事の幸福について斬る(笑)

どうも皆さんこんにちは、ぐりです。
恐らくはこれが今年最後の記事になると思います。
この記事を書いている段階では実家で休養真っ盛りで、本当に好きなように過ごしております。どのくらい好きな事をしてるかというと・・・

f:id:greengym:20191228221537j:plain

実家から車で15分くらいの所に私の大好きなROLANDさんのタピオカ店があるので、家族で行ってきました。次はいつ里帰りできるか分からないからね。


・・で、ついでにこちらもパシャリ

f:id:greengym:20191228222041j:plain

死ぬほど面倒くさがっている姉に無理くり撮ってもらいました。ついでにチーズドッグをかじって、チーズが「にゅーん」ってなってる写真も撮ってもらおうと思ったのですが、普段温厚な姉が「あ゛?」って言ったのでやめました(笑)

本当は黒糖タピオカを持ってアップにした写真も撮ったのですが、爪に(老化により)縦線がいっぱい入ってて、なんか汚いんすよ(笑)

そこで自分の事を「あ、そういえば俺おっさんだった」と、やっと我に返ったのであります。

 

次回からはブログ名を「【たぴりすと】ぐりの旅リストに変更して日本中のタピオカを食い散らかそうと思ってたのに・・・※普通にそっちの方が人気出そうで怖い(笑)

 

とまあ、自分の身の丈にあった事をするというのはとても大切で、それはブログのジャンル選びだけで無く、仕事にも大いに当てはまります。
今回からしばらくは「幸せな仕事選びシリーズ」と称して、適職を選ぶためのコツみたいなのをお届けしたいと思います。

本当ざっくりですがイメージしてるのは

  • シリーズ①~③
    「これやると失敗する」という仕事選び
  • シリーズ④~⑥
    これを基準にして選べば幸せな仕事に就ける(かも)

ぐらいのペースで、ダラダラやっていこうかなと思ってます。まとめきれなかったらもうちょっと長くなるかも知れませんが、そこはご愛敬で。

 

さて、シリーズ一回目ですが、前回の「好きな仕事で生きていく」も入るのですが、今回も仕事選びで陥りがちな罠について話していこうと思います。

仕事選びで絶対外せない「給料の高さ」。勿論大切ですが、適職=幸福度の向上と考えたときに、本当にこれは成り立つのでしょうか?それを検証していきたいと思います。

 

※「にゅーん」ってしたかった・・・(笑)

f:id:greengym:20200103003923j:plain

 

 

⓪「幸せな仕事選び」シリーズの定義

なんか今回の記事は物議を醸しだしそうなので、色々と丁寧に説明していかないとですね。どうせ働くならば誰でも給料は高い方が良いに決まっていますし、収入を最優先に仕事を探す人も多いことでしょう。

ただ、今回のシリーズで一貫して認識しておいて欲しいのは

・適職=あなたの幸福が最大化される仕事

という事です。皆さんの幸福の原点が、仕事とは完全に別の世界で確立されており、
「それを満たす為の『準備期間』が私にとっての仕事だよ」
と自信を持って言い切れる方々には、今回のシリーズには当てはまらないかも知れないのであしからず。

なのでどちらかと言えば、就活を控えた学生さんの方が需要が高い記事だと思います。

 

①お金と幸せの相関性は?

それでは本題に入りましょうか。有り体に言ってしまえば「お金で幸せは買えるの?」という問題です。これについては、前記事の「好きな事で生きていく事は幸せなの?」という問題以上に、沢山のメタ分析が行われており、ほぼ結論は出たと言っても良いくらいに分析されております。

ちなみにメタ分析とは過去に行われた複数の研究データを、さらに精査して大きな結論を出す分析方法です。「分析結果を分析する」と覚えといて下さい。

このメタ分析を使い、フロリダ大学では「お金と仕事の幸福」について、アメリカ、日本、インド、タイ等あらゆる文化圏から集めたデータを出しています。現段階で最も精度の高いデータと言って良いと思います。そして結果は以下のようになりました。

  • 給料と仕事の満足度は「r=0.15」の相関係数しかない

rとは二つのデータを表す指標で、この数が1に近いほど関係が強いと見なされ、多くの場面では0.5以上の値を「関係がある」と見なします。

そしてこのデータでいう所の0.15という数値は、統計的に「ほぼ無関係」というレベルになります。日常的な言葉で言い換えれば

「給料が高くなれば仕事の満足度は少しだけ上がるものの、現実的にはまず意味がない」
ぐらいの意味と思っておいて下さい。「お金で幸せは買えない」というフレーズは、綺麗事でも何でも無く、科学的には真実だったようです。
 

②お金を稼ぐエネルギーを他の事に注いだら?

・・・こういう事書くと「そんなの綺麗事だ!」って反論を覚える方も絶対いると思います。ですので、「お金から得られる幸福」と「その他のライフイベントから得られる幸福」のレベルを比べる研究が、過去に何度か行われているようなので、そちらをご紹介します。

年収至上主義の方がもしいたら、まずはこのデータをご覧下さいませ。

  • 仲が良いパートナーとの結婚から得られる幸福度の上昇率は、収入アップから得られる幸福より767%も大きい。

  • 健康レベルが「普通」よりも「ちょっと調子が良い」に改善したとき、幸福度の上昇率は収入アップから得られる幸福より6531%も大きい。

つまり、頑張ってトップクラスの年収を稼ぎ出しても、良きパートナーとの出会いや、健康の改善による幸福度には遠~く及ばないのです。

お金を稼いで幸せになれないとは言いません。でもそのエネルギーを健康に注げば65倍、人間関係の構築に注げば7.6倍も幸福度は上がる事は念頭に置いておくべきでしょう。

極論を言えば、年収150万円だったとしても、毎日ウォーキングして、筋トレして、適正な体型と健康を維持している人の方が、年収2000万で糖尿病の人より、幸福度は高いのです。


・・・とまあ色々語ったものの、「私も良きパートナーを伴侶にする」という幸福度7.6倍アップのライフイベントを逃してるわけだから、全然偉そうな事は言えないんですよ。まあその辺の事は、後々お金積んでおけば何とかなると思ってますけどね、ぐへへ。※今までの説明全部台無し

※ちなみに今の発言で伴侶は愚か友人すら失うと「年収が2/3に減ったのと同様の幸福度の低下」が起きます。それを気に病んで健康を損なえば6531%の幸福度の低下が見込まれますので、これを収入で換算すれば1÷65.3÷1.50.01。つまり私の年収は100分の1に落ち込んだのと同様の幸福度になった訳です。今の発言で(笑)。
ていうか、こんなコメまで読んでくれる方は本当にヒマ勉強熱心なんですね、ありがとうございます。

 

f:id:greengym:20191229224839j:plain

③収入アップで仕事を選ぶ人が注ぐべきリソース

 というお話をさせてもらいましたが、何故収入アップが幸福度アップに繋がりにくいかという説明が無かったですね。その理由は以下の通りです。
  • お金から得られる幸福感は相対的に決まりやすい
ここは皆さん本音で胸に手を当てて考えてみましょう。年収アップの喜びは、給与明細ではなくて他人がもらう給料との比較で決まってるのではないですか?
こればかりは、8万を超す研究観察で完全に結論が出ているので、図星を突かれない人は殆どいないと思います。どんなに年収の良い会社に就職したり転職した所で、隣の机の同期があなたより給料が高ければ、あなたの幸福度が上がることは決してありません。だから収入と幸福の相関関係は極めて低いのです。
 
でもここでこの記事を終えてしまうと、高収入の会社に入るために勉強してきた学生さんや、キャリアアップ転職を目指してる方にあまりに身も蓋もない結論となってしまうので、もう少し追記させて下さい。
本当はこのシリーズの後半でご紹介したかったのですが、先駆けて見出しだけご紹介します。「仕事は金が全てじゃろがい!」という方は、ちょっとだけものの見方を変えて、その仕事が、以下の7項目のどれに当てはまるかを探してみることをお勧めします。

f:id:greengym:20191229215756j:plain

鈴木祐. 科学的な適職 (Kindle の位置No.4). 株式会社クロスメディア・パブリッシング. Kindle 版.

この項目は仕事の幸福度を決める7つの徳目です。
他の人達よりも抜きん出た給与を支払う会社を目指すのだから、上図の7項目の中で当てはまる上に、自分自身も「この徳目になら俺の全ての情熱を注ぎ込める!」というものが必ずある筈です。
収入を上げる事を人生の主軸に置いて働くのは、残念ながらご両親もご家族も、そしてご自身も幸福に導く可能性がかなり低いと言わざるを得ません。でも上記の7項目のどれかに仕事の目的を置き、「ついで」として年収アップに繋がったのであれば、確実に幸福度は上がりますので、仕事選びの基準や、新天地でのモチベーション維持にどうぞお使い下さいませ。
 
※これができる人は私より767%幸せらしい・・・ムキーッ!(笑)

f:id:greengym:20191229224508j:plain

 今回の参考文献はこちら
科学的な適職

科学的な適職

  • 作者:鈴木祐
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング
  • 発売日: 2019年12月
 

④最後に

という訳で今年最後の記事でございました。デリケートな問題でもあるし、実家でヒマだったので(笑)、結構力入れて書いたつもりです。次回以降はもう少しだけ、「騙されてはいけない職選びの基準」をご紹介した後に、今回軽くご紹介した「仕事の幸福度を決める7つの徳目」を掘り下げていきます。

まあ「家でゴロゴロしながら、タピオカ写真撮ってるおっさんが何か宣ってるな」ぐらいの気持ちで読んで頂けると私も書きやすいので、来年も半分以上読み飛ばすくらいの気持ちでお付き合い願います。いや何なら文章一切読まなくても良いので、広告だけクリックして頂ければ!※幸福度爆下がり中(笑)


今回はここまでと致します。それでは皆さん良いお年を!

 

※「幸せな仕事選び」シリーズはこちらからどうぞ

 

www.green-gym.net

www.green-gym.net

www.green-gym.net

 

www.green-gym.net

www.green-gym.net