ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

【幸せな仕事選び⑥】おさえておきたい良い職場の条件4選

どうも皆さんこんにちは、ぐりです。
先週は久々に土日しっかり休めたので、情報のインプットにひたすらエネルギーを注いでました。要は本読んだり漫画読んだりしてただけなんだけどね(笑)

でもゴロゴロした甲斐あって、それなりに面白いネタはありましたよ。

皆さん訓読みで「磊」ってなんて読むか分かります?
これで「いしのごろごろしているさま」なんですって。他にも

  • 閄・・・ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ
  • 猇・・・とらがひとをかもうとするときのうなりごえ

漢字一文字でこんな風に読ませるんですね。だから「ニホンゴムズカシイ」って言われるんだろうな。これ考えた人ヒマか!※休日にこんなことしてるお前もな(笑)

てか、これってどうやって申請するんでしょうね。何か私も一つくらい漢字作って、生きた爪痕を残したい※四十代の悲哀

 

f:id:greengym:20200112171539j:plain

「ちこくしておいて『なんでとけいとまってんだよちくしょう』とぎゃくぎれしてのりきろうとするさま」

・・・因みに「井」の字は【 ピキピキ(#^ω^)】の青筋をイメージしました。遅刻の後ろめたさを、全て怒りのバリアーで包み隠してる所が意地らしいですね。続きましてはこちらをどうぞ。

 

f:id:greengym:20200112173638j:plain

「ますお」

・・・これなんか既に誰か出してそうでイヤだな。ではこれなんかどうでしょう。

f:id:greengym:20200113200209j:plain

「だめなかいしゃ」

・・・語源はご想像にお任せします(笑)。

この文字通りの意味で部下を幸せにできるのなら、下の点が百個くらいついたって全然良いんですけどね。


できればこれから就職する学生の方や、転職を考えている方には、点の上の字が「鯨」か「鮪」くらいの企業であって欲しいと願うばかりです。
そんな優良企業を見極めるための「幸せな仕事選びシリーズ」最終回です。今回は7つの徳目の内4つをご紹介します。

この4つは会社訪問等で、比較的容易に確認ができる徳目なので、幸せな仕事探しにどうぞ役立てて下さいませ。

 

f:id:greengym:20200114015351j:plain

①達成

それでは一つ目です。オリンピックの水泳で28個ものメダルを獲得したマイケル・フェルプスは、試合前にいつも同じ行動を取ることで有名でした。
ストレッチで身体をほぐし、プールで45分のウォームアップを行った後に、本番までヒップホップを聞いて過ごすのです。日本ではイチロー選手のルーティーンとか有名ですよね。

彼等一流アスリートの根底にあるのは「小さな達成」です。そしてこれは仕事の世界でもモチベーションを大きく左右する事が分かっており、

  • 人間のモチベーションが最も高まるのは、少しでも仕事が前に進んでいるとき

という研究結果も出ております。これを踏まえた上で適職探しでチェックしておきたいポイントは2つ。

  1. 仕事のフィードバックはどのように得られるか
  2. 仕事と成果のフィードバックが切り離されていないか?

例えばあなたが料理の仕事をしたいと思っていたら、厨房が隔離されていて、お客様の様子がホールスタッフからの口伝でしか分からない職場より、お客様のリアクションが即座に分かるオープンキッチンの職場の方が、「達成」という徳目に関しては満たしてると言えますね※勿論他にも見る点はありますが

 

②焦点

続いて二つ目の徳目です。今回の幸せな仕事探しシリーズ前半では、基準にしちゃ駄目な7項目を挙げましたが、その中の一つで「性格テスト」がいかに当てにならないかを説明しました。大半のテストにはデータの裏付けがなく、仕事の幸福度アップに活用できないのです。

そんな中で、適職を探すの役立つ唯一の性格テストとされているのが、「制御焦点」です。制御焦点は次のように私達のパーソナリティを区別します。

  • 攻撃型
    目標を達成して得られる「利益」に焦点を当てて働くタイプ。
    ・競争に勝つのが好き
    ・外的報酬に影響を受ける(金、名誉)
    ・基本ポジティブ
    ・準備不足
  • 防御型
    目標を「責任」の一環として捉え、競争に負けない貯めに働くタイプ。
    ・義務を果たす事が最終ゴール
    ・失敗を怖れる傾向が強い
    ・仕事は正確で注意深いが遅い
    ・基本ネガティブ

この2項目も面接や会社訪問時に、「御社はどのような人材を重用されるのでしょうか?」等の質問で、ある程度の情報を得ることが可能なはずです。防御型か攻撃型かを、しっかり見極めましょう。


えっ?肝心の自分自身のタイプの見分け方が分からない?
ですよねー。本当は細かく16項目に分けた制御焦点テストというのがあるのですが、今回はスペースの都合上割愛させて頂き、超~シンプルな質問で各々のタイプを判別する方法をお伝えします。

  1. レポートを書くために「最高」の場所と時間を想像して下さい。その上で素晴らしいレポートを書いている自分を想像してみましょう。
  2. レポートを書くために「最悪」の場所と時間を想像して下さい。その上で駄目なレポートを書かないよう注意している自分を想像してみましょう。

・・・1番と2番どっちが「良いレポートが書けそう」と思いました?勿論1番が攻撃型で、2番が防御型ですからね。

 

f:id:greengym:20200114015723j:plain

③三つ目の徳目?

続いて三つ目です。・・・本当はこの辺りでしょうもない話を入れたいのですが、それで文字数が増えれば、読者様も疲れちゃうので一気にいきますよ。折角真面目に読んで頂いている読者様もいらっしゃるのに、こういう所でくっだらない話入れようとするから、アクセス数も落ちてくんだよな😱
だから大丈夫です、真面目な話を続けてきますから。本っ当に大丈夫ですから、いや本~っ当ですから、バカな話なんてしないですって、ハッハッハッ(失笑)

 

ちなみに今の私の気持ちは・・・

f:id:greengym:20200113202352j:plain

「おすなよ」※出典:ぐりペディア(絶版)

こんな気持ちです(笑)。※やっぱボケる気満々じゃねーか!!

 

 

ああ・・・また貴重な読者様の時間を奪ってしまいました。もうこれはスベろうがスベるまいが、ボケなきゃ気が済まない病気です。アル中みたいなものなので広い心でみてやって下さい。

 

④明確

では今度こそ三つ目の徳目です(笑)。

私達は自分の幸福を、他人との比較で決める悲しい生き物です。その為「賃金の不公平感」と「タスクの明確さ(自分が行うべき作業の手順)」には、ことのほか敏感で、信賞必罰や何をすれば良いかが明確でない企業では、社員の死亡率や精神病の発症率が上がるという研究結果があるくらいです。

つまり「信賞必罰とタスクの明確さ」は、良い会社選びの必須条件という事ですね。

これを知るためには、転職エージェントの面談等で事前に以下の事を確認しましょう。

  1. 会社に明確なビジョンがあるか?そのビジョンを実現するために、どのようなシステム化を行っているか?
  2. 人事評価はどのようになされているか?個人の貢献と失敗を目に見える形で判断できる仕組みは整っているか?

これがわかるだけでも、その会社の明確さという部分に関しては、相当浮き彫りになってくるはずです。

 

f:id:greengym:20200114015941j:plain

⑤多様

引っ張るだけ引っ張った(笑)「幸せな仕事探し」シリーズも、これがやっといよいよ最後の徳目です。

心理学上で「快楽のウォーキングマシン」という言葉があるのですが、これは

 「人間はどのような変化にもすぐに慣れてしまう性質があり、それは快楽も例外では無い」

状態の事を指します。宝くじで1億円当てようが、夢に見たポジションに昇進しようが、長くても一年ほどで幸福度は過去と同じレベルに戻ってしまうのです。1億円当たってもそこが幸せの基準点となり、すぐにその上の状態を求めてしまうのですね。


この快楽のウォーキングマシンに立ち向かう唯一の方法が「多様」なのです。
例えばあなたが、アパレル会社に衣服の販売員として入社したとしましょう。その際に新しい服の企画会議にも参加できて、デザイナーに要望も伝えられ、完成した商品を売り広める段階まで携われるのと、

「君は服だけ売ってればいいから」

と言われるのでは、明らかに前者の方がモチベーションは上がりますよね。

要は仕事の始まりから終わりまでの工程にどこまで携われるかが多様性なのです。

この「多様性」というのは、仕事選びでも大切ですが、離職の防止にも多大な貢献をします。ちょっと新しい仕事を部下に任せるだけで、離職率はグッと下がるらしいですよ。

 

今回の参考文献はこちら

科学的な適職

科学的な適職

  • 作者:鈴木祐
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング
  • 発売日: 2019年12月

 

⑥最後に

 という訳でこれにて、幸せな仕事選びのシリーズは完結となります。最初に書いた記事なんて、絶対覚えてないと思いますので、簡単にまとめます。

 

①.失敗する仕事選びの基準7項目

f:id:greengym:20200114012756j:plain

鈴木祐. 科学的な適職 (Kindle の位置No.3). 株式会社クロスメディア・パブリッシング. Kindle 版.

 

 ②.これを基準に選びたい7つの徳目

f:id:greengym:20191229215756j:plain

 

鈴木祐. 科学的な適職 (Kindle の位置No.4). 株式会社クロスメディア・パブリッシング. Kindle 版.

 煎じ詰めてしまえば、「1番を基準にして選ぶのを避けて、2番を基準に一つでも選んで頂ければ、人生の幸福度は上がりますよ」という、様々な統計や研究から出たデータのご紹介でした。

 

とは言っても統計とはあくまで我々の人生を大まかに掴むためのツールです。自分がその範囲内に収まるかどうかは、日々の暮らしの中で試行錯誤するしかありません。最終的には我々は自分だけのオリジナルの「適職の選び方」を編み出すしかないのです。

でも折角偉大な先人達が、何万件のデータを検証して磨き上げた知見があるのだから、活かさない手はないですよね。今の職場環境や、これからの仕事探しに不安を抱えている方がいたら、今回の記事を自分だけの道を探すよすがにして頂ければ、本当に冥利に尽きます。


本シリーズに長々とお付き合い頂いてありがとうございました。ぐりでした。

 

※「幸せな仕事選び」シリーズはこちらからどうぞ www.green-gym.net

www.green-gym.net

www.green-gym.net

www.green-gym.net

www.green-gym.net