ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

ちょっとずつ 一歩ずつ

社会人1~3年目の方や中間管理職の方向けの、「楽しく仕事をする」為のブログです。社会人ならではの人間関係やコミュニケーションの取り方、ストレスの軽減方法等を発信しています

コロナ休暇で人生変えたい人はイシューから始めよう①【イシューって何?】

どうも皆さんこんにちは、ぐりです。

いや~最近パチンコ店バッシングがえらいことになってますね~。
だからって訳では無いのでしょうが、ついに私の会社もグループ全店休業となったのであります・・・

 

 

⓪-1.「お願い」という名の強制💦

まあ、世間の殆どの皆さんは「こんな大変な時期にパチンコなんてやってること自体がけしからん!」って話にはなるのでしょうが、実際に携わる人からしたら、店の営業止めるって死活問題だからね。

パチンコの新台は今は1台40~50万円くらいですかね。普通は一回の新装開店で10台前後、人気コンテンツの台だと40台とか購入しますので、まあ一回新台を入れ替えると400万円~1600万円かかる訳です。

つまり一年中自転車操業している状態なので、営業を止めることで、即倒産に繋がる店も少なくはありません。

だから国から「休業したら、な・な・なぁんとぉう!協力金で50万、2店舗以上休業した事業所には100万円を補償しまーす!!」

なーんて言われても、「焼けただれた溶岩に水(しかも霧吹き1回分)」にしかならんのです(笑)。賛否あるでしょうが(殆ど否かな)、休業要請に応じないパチンコ店は、私から見たら「儲けたい」とかじゃなくて、そうしないとシンプルに生きていけないから営業してるのだと思います。

 

パチンコだけじゃありませんが、あらゆる小売業に国がやってる事って、強制ですよね。あくまで要請しかできないとか言ってますが、空気で以て「閉めろ」って完全に強制してますよね。であれば、そこはきちんと補償するのがスジだと思うんだけど。

 もっと言ってしまえば、経済を止めた企業に国が補償なんかするわけないのに、1ヶ月位前に「緊急事態宣言を早く出せー」なんて騒いでた人達。ちょっと浅はかすぎませんか・・・

f:id:greengym:20200427073938j:plain

 

⓪-2.今は一生に一度あるかないかのシンデレラタイム

そんなこんなで、私の会社も全店休業となり、とうとう私も自宅でお休みとなった訳です。とはいえですよ。「国政」なんて自分の影響力の範疇を完全に超えている問題であり、どうにもできないことをいつまで嘆いていても、仕方ありません。

ここからは「今与えられている環境でできる最善手」を考えていきましょう!

家で自粛って、ネガティブなイメージで捉える人多いようですが、私の中では給料を除けば、毎日幸せしかないんだけど。だって会いたくない人に会わなくていいんですよ!?これが何より本当に最高!!※こういう生き物を我々の界隈ではエリートニートと呼んでいます。 

「わかる~、俺もたまには家族から開放されて一人になりたいって思うもんなー」

・・・なんて余裕ぶっこいてる既婚者のアナタ!そんな中途半端な踏み込みで我々の間合いに入ってきたら、切られても文句はいえませんよ。※だから我々って誰だよ(笑)

 

そんな話は一旦さておき・・・

私の会社はGW明けまでエリートニート生活が続くわけですが、これ延長する可能性もあるからね。これは正直、私の人生の中の最大のチャンスと思っております。今まで欲しくて欲しくて仕方なかった「自分の為の時間」がついに24時間作れるんだから!!

しょうもない社長の親族のケツ拭きに、2年間費やされてきた私からすると、本当に夢のような時間です。

 

という訳で、休業中になにをするかは最後に書きたいと思いますが、今回は

「価値ある行動とはとはなんぞや?」

ということについて掘り下げてみますね。今回お伝えしたいことは大きく3点。

1.そもそも価値のある行動とは何なのか
2.価値ある行動を行うためのキーワード「イシュー」
3.価値ある行動を図面化して、明確にするとこうなるよ

みたいなことをお話できればと思います。

 

多くの方がこの時間をどう活用するか試行錯誤していると思いますが、やっぱり価値あることをしていきたいですよね。間違いなく今は世界の転換期にいるのだから、現在ほどに「どういう価値観でどう過ごしていくか」で露骨に人生が変わる期間って、もう一生ないような気がします。

 

この一生に一度のシンデレラタイムに、価値ある行動を見つけていく為の方法を、ご紹介したいと思います。

 

①価値のある仕事(行動)って何?

今回の参考文献は、非常に切り口が面白いです。「想い」とか「仲間とのつながり」みたいなフワッとした要素がなくて、本当にロジカルに優れた知的生産を生み出す方法を書かれています。

著書いわく、

僕は10年以上にわたって外資系コンサルティング会社で経営コンサルタントとして働き、その途中でビジネスの世界を離れ、科学者として脳神経科学( ニューロサイエンス)の研究を行ってきた。そして、ここでもうひとつ 気づいたことがある。それは分野がビジネスであろうとサイエンスであろうと「本当に優れた知的生産には共通の手法がある」ということだ。

安宅和人. イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」 (Kindle の位置No.10-14). 英治出版株式会社. Kindle 版.

とのこと。

この本は基本的に「バリューのある仕事(知的生産性の高い仕事)」という定義で書かれていますが、基本的な考え方は普段の行動指針となるものなので、この記事では「バリューのある仕事=価値ある行動」と思って読んで下さいね。

 

それではようやく本題に入らせていただきますが、皆さんにとって価値(バリュー)のある行動って何だと思いますか?

「質の高い仕事」
「自分の好きなことをする」
「他の人が真似できない事をする」

等々たくさんあると思います。これらは正しい面もありますが、実は本質をついた解答ではないのです。バリューを「質」とか「好きなこと」に言い換えているだけだからです。

 

バリューの本質は以下の2点にあります。

  1. バリューの本質は2つの軸から成り立っている
  2. その軸の1つは「解の質」。そしてもう一つが「イシュー」の高さ

これを図にするとこんな感じです。

 

※バリューのマトリクス(右上に行くほどその仕事(行動)の価値は上がる)

f:id:greengym:20200427022205p:plain

 安宅和人. イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」 (Kindle の位置No.252). 英治出版株式会社. Kindle 版.

  

f:id:greengym:20200427074151j:plain

②イシューって結局何なの?

ハイ、そういう訳で今回は価値ある行動についてお話いたしました~

 

 

 

嘘です嘘です(笑)。こんな投げっぱなしジャーマンみたいな状態では、締められません!価値ある行動について何一つ答が出ていないので、1つずつ説明していきます。

そもそもなんですが「イシューって何?」って話ですよね。これ実は正式な和訳はまだないそうです。なので「イシュー」と呼ぶしかありません。ネットで調べればそれっぽい意味が出てくると思いますが、おそらくこの方の定義が一番正確な気がします。

イシューとは以下の2つの定義のことだそうです。

イシューの定義
  1. 2つ以上の集団の間で決着のついていない問題
  2. 根本に関わる、もしくは白黒がはっきりしていない問題

 この2つの条件を満たす事がイシューだそうです。

したがって先程引用した「バリューのマトリクス」を用いた、価値ある行動の解答はこんな感じになります。

 

  •  「イシュー度」とは「自分の置かれた局面でこの問題に答を出す必要性の高さ」、そして 「解の質」とは「そのイシューに対してどこまで明確に答を出せているかの度合い」
  • このイシュー度と解の質、両方が高くなるほど(右上に近づくほど)その価値は上がっていく

※再度マトリクスを確認したい方はこちら

つまり本当に価値のある行動を起こしていきたいのであれば、取り組むべきテーマは「イシュー度(問題解決の必要性)」と「解の質」が両方高くないと、その行動に価値はあまりないということ。

あらゆる問題解決を狙う、人生のプロフェッショナルを目指すならば、このマトリクスをいつも頭に入れておきたいですね。


ついでに言えば、風呂にもロクに入らない上に加齢臭が足されて「あの人異臭が凄いんだけど」なんて揶揄されている皆さん!ここはポジティブに捉えて「問題定義をする力(イシュー)が凄いと思われてる、ぐへへ」と、思っておきましょう。※まず風呂に入ってないことが最大のイシュー(笑)

 

今回の参考文献はこちら

 

f:id:greengym:20200204040100j:plain

 



③簡単なまとめと私の価値ある行動

これ本当はもっともっといっぱい伝えたい事があるんですけど、長すぎる記事で読者様を退屈させるのは、重要なイシューなので、一旦今回は締めさせて頂きます。

ていうか、次回続きを書こうと思います(笑)。

これ次回の記事を作ってから書きたかった言葉なんですが、このイシュー度と解の質の関係性を、最もシンプルな一言でまとめるとこうなります。

  • 答えを探すな問いを探せ!

ありとあらゆる情報が溢れている昨今、問題に対する答を探すことに、あまり意味はありません。皆さんの周りにもいませんか?「○○駅って、これこれこういう由来で名前が決まったらしいよ」なんて会話を出そうものなら、その場でスマホ使ってソースを確認するうざい人。答を探すというのは、ああいう人たちと一緒です。

今の時代に価値があるのは、
「本当に必要とされている問題を探し出す力」
なのだと思います。ウーバーイーツとかZOOMとか、イシューを突き詰めたビジネスの賜物ですよね。

 

ちなみにですが、私がこのシンデレラタイムでやっておきたいことは以下の2つです。

  1. 熱帯魚を飼う
  2. ホームページを自力で作れるようになる

1番の理由は、私もいい加減生き物の大切さを知らなければなないからです。※人間の感情を羨ましがるアンドロイドか(笑)

そして2番は、こんな時代なので、自力で生きていける術を本気で身に着けないとまずいでしょ?
まあこんな状況になる前の去年末頃から、実はオンライン教室に入って勉強はしていたのですが・・・。

今回は神様が「この機会に一気に身につけなさい」と言ってるんだと思って、超本気で勉強していきます。当面の目標は「年内に自力でHP作成のクライアントを1件獲得する」ですかね。この辺の話は、なんかネタになるようなおもしろイベントが発生したら、お伝えしますね。

 

という訳で今回はここまでです。最後までお付き合い頂きありがとうございます。